【DDON攻略】温泉なしで「本領・至極」瀕死状態になる方法(熱々地獄の湯を使わない場合)

ドラゴンズドグマオンライン(DDON)で、温泉なしで「本領・至極」瀕死状態になる方法を2つまとめてみました。「熱々地獄の湯」を使わない方法です。

手軽に「瀕死状態」になれる「熱々地獄の湯」が実装されましたが、コイン枚数がすごい高いので、あえて交換しない方もいるかと思ったので、まとめておきたいとおもいます。


というのは、わたしのフレにもいるのですが、後発プレイヤーや復帰勢の方は、BOが大変だと思うんですよね・・・自分の【竜力の継承】が終わったと思ったら、【ポーン育成】【竜技の継承】【戦技の継承】・・・さらに【絶技の継承】!!!

あえてコインはBOに替えて、本領・至極は、マニュアルでやる・・・という方法をえらぶのもアリかとおもいます・・・

あくまで手軽に・・・というやり方なので、ほかにも良い方法があるかもしれませんがご了承ください ><

ちょっとでも手軽に「瀕死状態」になる方法

(1)落下して瀕死に

どこからか落下した時のダメージは、防御力に関係ありません(底なしだと死亡します…)。

体力を削るだけであれば、落下してしまえばOKです。

方法は、

(1)装備を外して、最大体力を減らしておく
(2)イヴァノスの塔にリム転移、落下する
(3)装備を着なおす

※ 落ちる場所は、動画をご覧ください >< プレイヤーの最大体力に合わせて、ダイブする場所も変える必要があります。

※ イヴァノスの塔はすぐ落下ができるのがメリットですが、ほかの場所でもOKです。

手軽なのですが、この方法のデメリットは、「白ゲージ」が残る点です。

ソロなら問題ないですが、緑ポーンなどがいると勝手に回復されてしまいます。

(2)黒呪の迷宮を使用

「黒呪の迷宮 入り江」に入ると、強制的にレベル1になる仕様を利用した方法です。

方法は、

(1)「黒呪の迷宮 入り江」にリム転移、または「港洞」から黒呪の迷宮へ。
(2)レベルが1になっていなければ「進行リセット」を選択(進行リセットであればチケットは消費しません)
(3)入り江で、ゲームメニューからタイトル画面に戻る
(4)ふたたびどこかのサーバーに入りなおす
(5)レベル1の体力「990」になっている

この方法のメリットは「白ゲージが残らない」ことですが、デメリットはいったんタイトル画面に戻る必要があり、パーティーから抜けないといけない・・・という点です。

また、不具合扱いで修正が入る可能性もありますね…いずれ課金で温泉を売り出してくるとしたら、間違いなく今修正中だと思います…。

「本領・至極」について

本領・至極は、このゲーム内でもっとも「筋力・魔力」を上げてくれるアビリティです。

しかも「月攻」や「壮腕」といった、「別の筋力・魔力UPアビリティと組みあわせOK」なので、かなりのダメージアップが期待できます。

月攻・壮腕などと組み合わせると、かなりすごいです。

「筋力・魔力」と「攻撃力」の違いは、こちらで解説しています。

このゲームでは、ある程度まで攻撃力が上がってしまったら、それ以上ダメージを与えられなくなります。このダメージキャップを越えるには、【筋力・魔力】を上げるしかありません。

装備がしっかりしていれば、1撃で食らうダメージも大したことはありません。格下相手であれば、たいしたダメージも受けないので、十分【瀕死状態】でも戦えます

(敵のスキルによって、大技などは、大きいダメージを食らうので注意ですが…)

ダメージが不安な方も、格下相手なら全然大丈夫。特に昔のエリアを周回するときなどは、速く周れるので、場面にあわせて使いわけると良いかと思います。

(なお、わたしはヘタレなので、エンドコンテンツやWMに本領では怖くて行けません…><)

瀕死状態のメリット

いわゆる「瀕死状態」では、アビリティも「瀕死状態」用のものを利用します。

瀕死状態で○○が上がる などと説明が書いてあるものですね。

「瀕死状態」はリスクが高いため、アビリティが優遇されていて、【コストが小さく・効果が大きい】ものが用意されています。

コストが低いので、吹き飛ばし・耐久力・スタミナ回復・スタミナ消費アビリティなど、いろいろ付けられて、さらに効果も高い…というメリットがあります。

レベルの低い旧エリアは、物理職なら「本領」魔法職なら「至極」を中心に、瀕死アビリティでそろえると、かなり楽に周回することができます。

さらに薬もほとんどつかわないので経済的です^^

関連記事
スポンサーリンク
ddon.bocchi.work レクタングル(大)
ddon.bocchi.work レクタングル(大)

フォローする

ブログ村・ブログランキング参加中です^^応援頂けるとはげみになります~
テキストのコピーはできません。